2022年7月18日 (月)

しがの住民と自治 2022年7月号を発行しました。

      7月号の内容
◆「ごみ半減」こそが根本解決の道
― 荒神山麓での大型ごみ処理計画と私たちの運動 ― ··· 1
◆コロナ禍で浮き彫りになった【生理の貧困】 ·········· 10
◆滋賀県の自治体の状況 -北から南から- ············· 12
◆ 2022 年度滋賀自治体問題研究所定期総会記念講演
  ・・・「自治体DX でどうする地方自治   ······ 14
◆第1 回自治体DX 研究会のおしらせ ·   ···· ······ 14

しがの住民と自治 7月号 ダウンロード - .pdf

 

| | | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

しがの住民と自治2022年6月号を発行しました。

         ◆◆6月号の内容◆◆

◆産廃処理施設設置に関わる県の公文書公開請求と不服審査請求の顛末· 1
◆第9 次県政研究報告書
  ―コロナ禍、地球温暖化、憲法と平和の危機の中の滋賀県政の課題― 4
◆滋賀県の自治体の状況-北から南から-·· 5
◆大津の原発裁判 次回証人尋問を行うことを決定····· 6
◆第16 回地方自治研究全国集会in ハイブリッド東京 7
◆滋賀自治体問題研究所2022 年度定期総会・第65 回自治体学校・(仮称)滋賀自治体問題研究所アーカイブスの進捗状況··············8

しがの住民と自治 2022年6月号ダウンロード -.pdf

 

 

| | | コメント (0)

2022年5月20日 (金)

しがの住民と自治 2022年5月号を発行しました。

しがの住民と自治・2022年5月号の内容

◆地域医療構想が背景にある大津市民病院の医師退職問題·· 1
◆個人情報保護法の改正と個人情報保護条例(その3) ··· 4
◆滋賀県の自治体の状況-北から南から················ 11
◆2022年度滋賀自治体問題研究所定期総会············ 12
◆第9 次県政研究報告書 ·····························12

 

| | | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

しがの住民と自治 2022年4月号を発行しました。

         ◆4月号の内容◆
◆公立病院の地方独立法人化の問題点-大津市民病院を例に · 1
◆地方独立行政法人化した大津市民病院に関する大津市への質問と回答 · 8
◆個人情報保護法の改正と個人情報保護条例(承前)··11
◆保育士・幼稚園教諭・放課後児童クラブ指導員への処遇改善を··15
◆公の施設のあり方に関する調査報告書と公開研究会について··16

しがの住民と自治 2022年4月号のダウンロード - pdf

 

| | | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

しがの住民と自治 2022年3月号を発行しました。

                  3月号の内容


◆第21 回滋賀地方自治研究集会(5つの報告概要) · 1
◆個人情報保護法の改正と個人情報保護条例 · 9
◆県立高等専門学校について · 13
◆県立高校1人1台タブレット端末の公費導入を求めて · 14
◆ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に抗議し即時撤退と平和的解決を求める! 16
◆大津地裁での原発裁判:第32 回口頭弁論· 17

しがの住民と自治 2022年 3月号ダウンロード - e.pdf

 

 

| | | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に抗議声明を発表

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に抗議し、軍の即時撤退と平和的解決を求める!

 

自治体問題研究所に結集する私たちは、生命の尊厳と基本的人権を護るのは人類共通の理念であり、またそれが地方自治の最大のテーマだと考え、日々そのための研究を続けています。私たちは、この 2 月以降のロシアによるウクライナへの一方的軍事侵攻に対し厳しく抗議するとともに、ロシア軍の即時撤退と、対話による平和的解決を強く求めるものです。
ミサイルなど兵器の発達した今日、戦争行為は大量殺戮以外の何ものでもなく、国際間の紛争の解決にもつながらないことは、2 つの大戦の経験から学んだ歴史の教訓です。この歴史の反省から、国連憲章は 2 条 4 項において、「加盟国は国際関係において武力による威嚇又は武力の行使は慎まなければならない」としています。今回のロシアの軍事侵攻は、明らかに国際法および「国連憲章」に違反しています。
ロシア軍のウクライナ全土への侵攻によって、同国内では子どもも含めて多くの犠牲者を出し、戦火から逃れようとする人たち 50 万人以上が隣国などに避難していると伝えられています。さらにプーチン大統領は、核兵器使用も辞さない発言をちらつかせ、世界を恐怖に陥れています。プーチン大統領の発言は、核兵器全面禁止と廃絶への世界の人々の願いを踏みにじるものであり、けっして許されるものではありません。
私たちは、ロシアの軍事侵攻に抗議し、ウクライナの平和を求める世界の人々や困難な状況下で戦争に反対するロシアの人々に心より連帯の意を表します。
同時に、日本国内において、この戦争に乗じた核共有や憲法改正・軍事力強化をもくろむ動きに強く反対します。


2022 年 3 月 3 日 自治体問題研究所理事会三役会

 

| | | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

しがの住民と自治 2022年2月号を発行しました

しがの住民と自治 2022年2 月号の内容
◆個人情報保護法の改正と自治体    1
◆ NPO法人大津夜まわりの会の活動  11
◆ズーム学習会 「滋賀県産業の課題」 13
◆第21 回滋賀地方自治研究集会   16

しがの住民と自治 2022年2月号 ダウンロード - pdf

 

 

 

| | | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

第21回 滋賀自治研究会集会の開催のご案内

第 21 回滋賀地方自治研究集会

 

日時  2022 年 2 月 23 日(休・水)午後
場所  滋賀県教育会館 2 階大会議室

 

テーマ
「三日月県政の 2 期 7 年半の評価と県政各分野の課題」として滋賀自治体問題研究所、共産党県議団、医療、農業など各分野からの報告を行います。

 

報告
・安倍、菅の流れを受けつぐ岸田政権の地方政策の特徴
         (滋賀自治体問題研究所)
・三日月県政の評価(県議団:内容は調整中)
・滋賀の医療介護(民医連)
・滋賀の農業(農民連)
・その他(調整中)

 

レポート報告
・滋賀の教育(全滋賀教組)他

 

※会場ではマスク、消毒、適切な離隔、換気などコロナ対策をとるとともにズーム
を使うリモートでの参加を受け付けます。ご希望の方は滋賀自治体問題研究所の
メールアドレス宛に申し込んでください・
shigajichiken2009@yahoo.co.jp

 

| | | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

しが住民と自治 2022年1月号を発行しました。

しがの住民と自治 2022年1月号 ダウンロード - pdf

           1 月号の内容
◆憲法施行75 周年、沖縄返還50 周年を新自由主義時代の終わりと新しい価値観「連帯」、地方自治の発展の時代へ···P1
◆行政手続きデジタル化の問題点をただす ···P3
◆2021 年11 月滋賀県議会の動向 ··· P4
◆真庭市のバイオマスツアーに参加して··P5
◆自治体研究社新刊(3 件) ··· P8


◆◆自治体問題研究所(全国研)新年のあいさつ◆◆
   自治体問題研究所理事長 岡田 知宏

 

 

 

| | | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

しがの住民と自治 2021年12月号を発行しました。

          12 月号の内容
◆2021 年 11 月時点での滋賀県での医療の状況·· 1
◆「コロナと闘う和歌山の奮戦記」··· 2
   ~新型コロナウイルスへの挑戦~
◆大津地裁での原発裁判第 31 回口頭弁論 ··· 5
◆「10 分で分かる地方自治講座」をブログに掲載しました··5
◆学校図書館整備五カ年計画の現状と課題···· 6
  ~地方交付税算定額を生かした整備・充実~
◆「滋賀県 DX 推進戦略(素案)」ついて意見を提出 ··· 8


        ◆◆お知らせ◆◆
①第 21 回滋賀地方自治研究集会、
②公の施設研究会の活動

しがの住民と自治 2021年12月号  ダウンロード - 7

 

| | | コメント (0)

«「10分でわかる地方自治講座」シリーズ NO3