2018年2月17日 (土)

第17回滋賀地方自治研究集会の開催が迫りました。

第17回滋賀地方自治研究集会の開催

日時 2018225日(日)  13:3016:45

場所 フェリエ南草津5F 大、中会議室 

※資料代 500円の協力を。※どなたでも参加できます。

今回は滋賀自治体問題研究所で取組んでいる第8次県政研究の内容を中心に報告討論を行います。

【共通報告課題】13:3015:00

 ①安倍政権下での地方自治をめぐる現状と課題

 ②三日月県政の評価(国体問題、県財政問題)

【課題報告】15:1516:452会場に分かれて報告、討論 

 ①滋賀県下の「地方創生」の取組について(滋賀自治研)

 ②大津地裁における原発裁判-「命をつなぐ権利」の提唱-

 ③まち研活動(日野)

 ④近江八幡市民が考える庁舎の会の運動から見えてきたもの

   〜市民の怒りと変革へのエネルギー(近藤恭司氏)

 ⑤滋賀の教育の課題(全滋賀教組)

 ⑥滋賀県の医療・介護(民医連)

 ⑦野洲市民病院建設に向けての経緯(野並野洲市議)

【レポート提出課題】

 ・びわ湖再生へ「オール滋賀」を(琵琶湖の会)

 ・生活保護をめぐる情勢について(生健会)

 ・2017年自治体キャラバン、請願運動(県労連)

 ・現在の保育を取り巻く情勢と、滋賀県の保育状況概要(保育所運動

   連絡会)

 ・性の商品化に反対し、女性の人権を守るー成人誌のコンビニ撤去の

   とりくみ(新婦人)

 ・被爆者国際署名の取組について(原水協)

 ・農業・中山間地農家を守るため、再生産が可能なコメの生産者価格

   保障を(農民連)

 ・安保法制に反対する市民の会の取組(市民の会)

 ・大津市ガスの民営化の問題について

 ・その他(共産党県議団からの報告)

 

報告課題やレポート課題については調整の結果変更する場合がありす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

「しがの住民と自治」2017年12月号を掲載

「しがの住民と自治」2017年12月号をウェイブページに掲載いました。

主な記事

1.滋賀県における「市民と野党の共闘」の経験とその意味について・・ P1

   福井雅英さん(安保法制廃止と立憲主義回復を求める市民の会代表)

2.研究紹介・・P6

   滋賀県立大学環境科学部 平山奈央子さん

3.不可解な大津市ガス民営化問題・・P7

4.琵琶湖ウォッチ・・P8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

第17回滋賀地方自治研究集会の開催

第17回滋賀地方自治研究集会を開催します。

日時 2018225日(日)13:3016:45

場所 フェリエ南草津5F 大、中会議室

今回は滋賀自治体問題研究所で取組んでいる第8次県政研究の内容を中心に報告討論を行います。

【共通報告課題】13:3015:30

①安倍政権下での地方自治をめぐる現状と課題

②三日月県政の評価(国体問題、県財政問題)

【課題報告】15:4516:45 

①滋賀県下の「地方創生」の取組について

②原発裁判の動向

③滋賀の教育の課題(全滋賀教組)

④滋賀国体(明るい会)

⑤まち研活動(日野町研)

⑥滋賀の医療介護(民医連)

【レポート要請する課題】

・県下の中小業者の経営とくらし(滋商連)

2017年自治体キャラバン、請願運動(県労連)

・保育をめぐる課題(保育所運動連絡会)

・県政及び市町政の現状、課題(県議、市町議)

・女性の権利拡大の取り組み(新婦人、母連)

・障がい者施策の課題(障滋協)

・近江八幡市の新庁舎建設問題(近江八幡市議)

・安保法制に反対する運動(市民の会)

研究集会チラシの「2018225.docx」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

しがの住民と自治 2017年11月号の主な記事を紹介

「しがの住民と自治 201711月号」をウェ-ブページに掲載しました。

  しがの住民と自治 201711月号の主な記事 

P1. 長野県飯田市のまちづくり及び長野県下の「小さな拠点

  づくり」調査

    ・滋賀自治体問題研究所・事務局長 瓜生昌弘 

P6.  自治体問題研究所(全国研)研修等のスケジュール

P7.  各市議員団との懇談で新たに5名の方が 新規入会

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

しがの「住民と自治」10月号を掲載しました。

しがの「住民と自治」10月号を掲載しました。(ウェブページを参照)

10月の主な記事

滋賀自治体問題研究所定期総会概要 P1

2017度自治体研究所定期総会 記念講演概要 P

  「人口減少時代のまちづくり」・・中山 徹 奈良女子大学教授

・福井原発9基の運転差求を求める大津地裁裁判~第16回頭弁論 P

・軍学共滋賀連絡会講演の概要報告    P 8

  「学問の自由をどう守るのか・日本学術会議の立場」・・杉田敦法政大学教授

   しがの住民と自治 2017年10月号「201710.pdf」をダウンロード

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

滋賀自治体問研究所定期総会の議案を掲載

滋賀自治体問研究所定期総会の議案を掲載しました。

930日(土)開催の滋賀自治体問題研究所定期総会の1号議案・2号議案書を「しがの住民と自治 9月号」に掲載しました。ウェーブページを参照ください。

 1号 議案  2016年度  業報報告(案)

 2号 議案   2017年度 事業計画(案)

 しがの住民と自治 9月号「1609.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

滋賀自治体問題研究所定期総会を開催

滋賀自治体問題研究所定期総会

日時  2017930日(土)

場所  明日都浜大津・中会議室  

 

JR大津から徒歩15分  京阪浜大津から徒歩1分)

内容:記念講演 1年間の活動のまとめ事年度業計画の討議、決定

 総会議案は滋賀の住民と自治9月号に掲載

 

「記念講演」

 中山 徹 奈良女子大学教授

「人口減少時代のまちつくりについて」 

  ~ 安倍政権の進める地方創生の問題点について~

 

アベノミクスの下で国土と地方、地域の再編が進んでいますが、まず、その再偏の全体像をのべ、地方創生に位置づけを考えます。再編の中で一部の自治体は大型公共事業を進めだしています。人口が減少しているにもかかわらず、なぜ 大型公共業にのめりこむのか、また開発型自治体に対峙できる市民共同体が誕生しています。その政策的特徴、到達点を踏まえ、新たな自治体を展望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しがの住民と自治」 8月号をアップロードしました。

8月号の内容

1)日野町まちづくり研究会 第2回総会及び念講演会報告

 「記念講演」・・吉井 英勝氏(元衆議院議員)

 3.11原発事故を経てエネルギーと地域経済の発展をどう考える・・

2)国体主会場が建設される彦根市を会場に「コンパクト国体」の

 フォーラム開催

3)高浜原の再稼働意に同意できません!8.6 滋賀県民集会を開催して

4) 滋賀自治体問研究所定期総会 ㋈30日(土)13:30

     「201708.pdf」をダウンロードする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

当研究所 研究報告「地域自治組織の現状と課題」を出版

昨年度と今年度にわたって、地域づくりの主体に関する調査を行ってきました。今年度は、滋賀県と比較する意味においても島根県や新潟県における先進的と言われる地域自治区や地域自主組織の調査も実施し、市町村合併により地域の末端まで行政の細やな対応ができなくなったことに加え、少子高齢化が地域の維持さえも困難にしているため、地域づくり・地域の活性化は全国共通の課題となっていることが改めて明らかになった。

 

こうした問題意識から、2年間にわたる調査結果を踏まえて、地域づくり・地域の活性化に関する第二次提言地域自治組織の現状と課題 ==地域の活性化に向けた提言づくり活動のまとめ」

とっしてとりまとめました。関係自治体・団体の参考になれば幸いです。

詳しくは事務局へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

大津市政を考えるシンポ2017 「市ガスのこれからを考える」

大津市政を考えるシンポ2017 「市ガスのこれからを考える」が開催されます。 いま国は、自治体の公共事業の産業化 をねらい、市のあらゆる事業について自 治体間の民営化競争をあおっています。大津市でも様々な分野での検討が行わ れています。今回は特に、市民生活を支えるガス事 業のこれからについて、市の説明も踏ま え、みんなで考える機会にしたいと思い ます。

日時:2017年2月25日(土)9時30分から

場所:大津市勤労福祉センター 

詳しくは、こちらをクリックしてください。「201702250215.PDF」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「琵琶湖保全再生施策に関する計画」(案)に対する提言(案)を公表