2021年7月16日 (金)

しがの住民と自治 2021年7月号を発行しました。

       7月号の内容

◆饗庭野演習場で度重なる場外への実弾着弾事故·········1
◆―教科書展示会―
人権、民主主義、科学的認識に立つより良い教科書を子どもたちの手に ··· 4
◆2021 年度滋賀自治体問題研究所定期総会 ··············5
◆日野まちづくり研究会6年目の取組み·····················8
       <コラム>
コロナ、東京オリ・パラ、ワクチン、そして・・・········9
◆第 63 回自治体学校、自治体研究社の新刊◆

しがの住民と自治 2021年7月号 ダウンロード - .pdf

 

 

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

しがの住民と自治 2021年6月号を発行しました。

            6月号の内容

◆滋賀県中小企業家同友会との懇談·········································1
◆定年引き上げのために地方公務員法が改正されました················4
◆2021 年度滋賀自治体問題研究所定期総会·······························6
◆「住民自治協議会」で地域が維持され、果たして活性化するのか(高島市)· 7
◆5 月号記事の一部修正·······················································7
◆大津地裁での原発裁判第29回口頭·········································8
◆避難計画に関する県および19市町調査の中間···························9

2021年6月号のダウンロード - e.pdf

 

 

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

しがの住民と自治 5月号を発行しました。

                5月号の内容

◆運動時の事実を全面に「小さな庁舎で大きな福祉」に進む小西市政 ···1
◆湖南市複合庁舎整備計画についての考え方························5
◆東近江市「慰安婦問題」意見書をめぐって 運動と世論が議会を囲む!10
◆高島市の新ごみ処理施設建設に向け、共働・推進できるか········12
〇<本の紹介> 自治体研究社「行政サービスのインソーシング」········13
◆滋賀・京都・大阪に役に立たず無駄な大戸川ダムを断念させ、地形を生かした流域治水こそ実施させよう ···16
〇第 63 回自治体学校の開催内容の変更について ·······················18

2021年5月号ダウンロード - e.docx.pdf

 

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

しがの住民と自治 2021年4月号を発行しました。

「しがの住民と自治」2021年4月号の主な内容

 

◆2021 年度の滋賀県予算について

「第 4 波」封じこめの検査体制強化は急務「社会的検査の予算 ゼロ」一方で、国民スポーツ大会に 120 億円· P1
   県議会議員 節木 三千代さん

◆「滋賀県の公の施設のあり方に関する調査報告書」が完成·P3

◆市民置き去り、議会軽視の野洲市栢木市政··· P4
   野洲市議会議員 野並 享子さん

◆説明が尽くされていない大戸川ダム凍結····P5
   瓜生昌弘(滋賀自治体問題研究所常務理事・事務局長)

 4月号のダウンロード -202104.pdf

 

 

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

しがの住民と自治 2021年 3月号を発刊しました。

      3 月号の内容

◆第 20 回滋賀地方自治研究集会
    基調講演 岡田知弘(京都橘大学教授、京都大学名誉教授、 自治体問題研究所理事長)
「コロナ禍下で問われる区と地方自治のあり方~声をあげて新しい経済・社会をつくろう」
第一分科会報告························· ········· 10
第二分科会報告··································· 11

コラム
  3.11 東日本大震災から10年············13
公の施設のあり方に関する調査結果の報告会

 /////////編集後記/////////

  3月号のダウンロード - e.pdf

 

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

第20回滋賀地方自治研究集会の開催案内

第20回滋賀地方自治研究集会

 

日時 2021 年 2 月 23 日(火・休) 13:30~16:45
場所 滋賀県教育会館

 

※資料代 500 円の協力を。※どなたでも参加できます。※ズーム併用します。

 

◆ 基調講演 13:30~15:00 「コロナ禍下で問われる国と地方自治のあり方」
講師 岡田知弘氏(自治体問題研究所理事長・京都橘大学教授・京都大学名誉教授)

 

コロナ禍「第 3 波」の到来で、医療現場も、地域の経済・社会も、自治体財政も大変厳しい状況となっています。今、改めて地方自治体のあり方、国のコロナ対策と地方自治体の関係、そして何よりも、いかに住民の命と暮らしを守るかが問われています。
このような中で、菅政権が最初にやった学術会議会員の任命拒否の問題、第 32 次地方制度調査会の答申の後、具体化が行われているデジタル化を最優先する政策の問題などに触れながら、「ポスト・コロナ」時代の地方自治のあり方についてお話してもらいます。

 

◆2分科会を予定 15:15~16:45 県下の各自治体および教育、医療、福祉、平和運動など各分野の現状と課題について自治体労働組合、地方議員、各団体などから次の8つのレポートをもとに議論します。

 

分科会 テーマ 団体・個人
〇コロナ問題をはじめ県民要求実現の取り組み   県労連
〇滋賀の医療・介護               民医連
〇民医連の介護アンケート            民医連
〇滋賀の教育                全滋賀教組
〇滋賀の平和運動              平和委員会
〇食料支援活動を通しての青年学生の生活実態と要求  民青
〇野洲新市政の動向など       野洲市議
〇東庁舎建て替え問題と湖南市政を考える 湖南市政を考える会

 

※ズーム参加を希望される方は希望される分科会番号とともに申し込んでください。
申込アドレス(shigajichiken2009@yahoo.co.jp)

 

| | コメント (0)

しがの住民と自治 2021年2月号を発行しました。

しがの住民と自治 2 月号の内容

◆新型コロナウィルスと医療現場の状況· 1
◆新型コロナ対応で浮き彫りとなった脆弱な県の人員体制 職員定数を増やし、安心して働ける職場と、県民の命と健康を守れ・4
◆第79 回国スポ・障スポ大会に向けた草津市立プール整備・運営事業を考える· 7
◆公の施設のあり方研究会第7回研究会と報告会について· 11
◆第 20 回滋賀地方自治研究集会·  

しがの住民と自治 2月号 ダウンロード - e.pdf

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

しがの住民と自治2021年1月号を発行しました。  

      ◆◆1月号の内容 ◆◆
◆地方自治とすべての人の生命・自由・幸福追求権を実現する新しい時代を拓く年に ·· 1
◆医療費削減の計画でなく 湖北に安心の医療を ·· 3
◆次期衆議院選挙に向けた 市民の会しがの政策提言·· 4
◆第 20 回滋賀地方自治研究集会···6
◆公の施設のあり方研究会第 5 回研究会について ·· 7
◆国の R2 年度第 3 次補正予算(案)、R3 年度予算(案)

しがの住民と自治 ダウンロード - e.pdf

 

 

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

しがの住民と自治 2020年12月号を発行しました。

 しがの住民と自治 2020年12月号の内容

◆菅政権は学問に手を突っ込むな!学術会議会員を直ちに任命せよ ! ·1

◆講演資料「日本学術会議会員任命拒否と民主主義」·9

◆大津地裁で原発裁判(第 27 回口頭弁論)·11

◆大阪地裁が大飯原発設置変更許可取り消し判決 11

◆11.16STOP 過労死」過労死防止シンポジム開催12

◆第 20 回滋賀地方自治研究集会· 12

PFI の重要な評価手法である VFM について · 13

◆公の施設のあり方研究会第 5 回研究会について・14

しがの住民と自治 2020年12月号 ダウンロード - .pdf

 

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

しがの住民と自治 2020年11月号の発行

 11 月号の内容

◆県下の PFI 事業の実施状況   1
◆日英のPFIについて-VFM評価を中心に-2
◆公の施設のあり方研究会第4回の概要と第5回研究会7
◆◆コラム◆◆ 8
安倍政権の継承といっそうの強権支配をもくろむ菅政権
―大企業・大金持ちのための政治、民主主義と地方自治の破壊、格差拡大政治、学問の自由の破壊の政治の転換へ―
◆全国研の財政を支援するサポーター制度の呼びかけ10
◆第20回滋賀地方自治研究集会 11

 しがの住民と自治11月号 ダウンロード - .pdf

 

 

| | コメント (0)

«「学術会議推薦 6 名の任命拒否に対する」滋賀自治体問題研究所の抗議 声明