行事案内

2023年11月14日 (火)

第23回 滋賀自治体問題研究集会の開催案内

滋賀自治体問題研究所、滋賀自治労連、滋賀県職員組合の共催で下記の通り第23回滋賀地方自治研究集会を開催します。会員、団体会員、運動団体からのレポートにより、滋賀の地方自治の現状や課題を浮かび上がらせるものにしていきたいと考えていますので多くのみなさんのご協力をお願いします。

<レポート作成要領>

①レポート作成のテンポ
  12月11日(月)までにレポート報告のタイトルと報告者の所属、氏名の報告をお願いします。最終原稿の提出は2月16日(金)とします。
②レポート提出先 滋賀自治体問題研究所 shigajichiken2009@yahoo.co.jp
③レポートの書式について
  A4横書き、最初にタイトルと報告者の所属、氏名を記入。枚数はとくに制限をしません。
④レポートの取扱いについて
 当日は、時間的な制約もあるためすべてのレポート報告はできませんが、後日、ミニ学習会などにおいて報告をお願いする予定です。

<開催日時、場所>
日時 :2024 年2 月23 日(金)13:30~16:45
場所 :キラリエ草津 401号室ズーム併用

<基調講演>

「自治体をめぐる状況と自治体政策の焦点」

  講師 中山 徹 自治体問題研究所理事長・奈良女子大学教授

 〈‿講演概要〉
全世代型社 会保障、公共施設等総合管理計画、デジタル田園都市国家構想など、自治体に大きな影響を与える様々な施策が動いています。どのような施策が展開されているのか、それらが自治体にどのような影響を与えるかを概観します。また、少なく ない自治体が学校・保育所の統廃合、敬老パスの縮小などを進めながら、大型開発を 進めようとしています。自治体は今、どのような施策を展開すべきかを考えます。

| | | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

第21回 滋賀自治研究会集会の開催のご案内

第 21 回滋賀地方自治研究集会

 

日時  2022 年 2 月 23 日(休・水)午後
場所  滋賀県教育会館 2 階大会議室

 

テーマ
「三日月県政の 2 期 7 年半の評価と県政各分野の課題」として滋賀自治体問題研究所、共産党県議団、医療、農業など各分野からの報告を行います。

 

報告
・安倍、菅の流れを受けつぐ岸田政権の地方政策の特徴
         (滋賀自治体問題研究所)
・三日月県政の評価(県議団:内容は調整中)
・滋賀の医療介護(民医連)
・滋賀の農業(農民連)
・その他(調整中)

 

レポート報告
・滋賀の教育(全滋賀教組)他

 

※会場ではマスク、消毒、適切な離隔、換気などコロナ対策をとるとともにズーム
を使うリモートでの参加を受け付けます。ご希望の方は滋賀自治体問題研究所の
メールアドレス宛に申し込んでください・
shigajichiken2009@yahoo.co.jp

 

| | | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

2021年滋賀自治体問題研究所総会&記念講演

2021年滋賀自治体問題研究所総会&記念講演を開催します。

3_page0001 3_page0001

| | | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

滋賀自治体問題研究所2020年定期総会開催のご案内

滋賀自治体問題研究所2020年定期総会開催案内

◆日時 2020 年9 月22 日(火・祝)13:30~16:30

◆場所 滋賀県教育会館大会議室

 

◆第一部 記念講演 13:3015:00

「新型コロナ問題と地域経済・地方財政」

講師 平岡 和久 立命館大学政策科学部教授

【講演要旨】

新型コロナウイルスの感染拡大で地域経済は大きく減速しています。企業や個人の経済活動が大きく縮小するというかつて経験したことのない事態に直面し、地域経済がどうなるっているのか、自治体はどのような財政政策をうつべきか、さらに地方財政はどうなるのかなどについてお話してもらいます。

 

◆第二部 定期総会15:2016:45

2019 年度の活動のまとめと2020 年度の活動計画案について議論をお願いします。2 年任期の役員改選を行います。

| | | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

第19回 滋賀地方自治研究集会の開催

第19回 滋賀地方自治研究会集会

◆日時 2020 2 24(月・休)13:3016:45

◆場所 滋賀県教育会館

◆基調講演 13:30~15:00

「自治体戦略2040構想で自治体はどうなるか?」

講師 本多滝夫(副理事長・龍谷大学教授)

自治体戦略2040 構想とは、総務省に設置された研究会(「自治体戦略2040 構想研究会」)が2018 年4 月と6 月に出した報告書に示された、地方自治制度の再編を目指した改革構想のことです。2040 構想は、人口が減少しつつある中で高齢化率がピークに達する2040年頃にかけて迫りくる「我が国の内政上の危機」には現在の自治体のあり方では対応できないとして、現在の半分の数の公務員で足りるような自治体行政にするために、自治体行政のAI 化、標準化、連携広域化、そして一層の民営化、住民組織への転嫁を提唱しています。この構想に従って、現在、第32 次地方制度調査会は地方自治制度の「改変」に向けて検討を進めています。平成の大合併に勝るとも劣らない新手の自治体潰しに対し、「内政上の未曾有の危機」の本質を明らかにするとともに、一人ひとりの住み続ける権利を保障する自治体づくりを対抗戦略として提示することが求められています。

| | | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

滋賀自治体問題研究所 2019年定期総会・記念講演のご案内

◆滋賀自治体問題研究所2019年度総会.記念講演の案内

今年の定期総会及び記念講演の日程が決まりましたのでお知らせします。

日時:2019 年 9 月 23 日(祝・月) 13:30~16:45

場所:滋賀県教育会館2階大会議室(県庁西側)

日程:

 〇記念講演 13:30~15:15

 〇「総会」 15:30~16:45

  記念講演テーマ

「自治体戦略 2040 構想・AI と公務労働」(仮題)

  講演者: 黒田兼一氏(明治大学名誉教授)

| | | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

第61回自治体学校への参加案内

第61回自治体学校への案内リーフです。

ダウンロード - 61th_0418_.pdf

 

| | | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

第18回滋賀地方自治研究集会のご案内

18 回滋賀地方自治研究集会

日時 2018 2 16 日(土)13:3016:45

場所 滋賀県教育会館

 JR 大津駅から県庁方面へ徒歩 4

基調講演 13:3015:00

「安倍政権の進める自治体構造改革とそれへの対抗軸」

  講師  岡田知弘(京都大学教授・自治体問題研究所理事長)

 

自治体戦略 2040 年構想などにみられる安倍政権の自治体構造改革を批判し、それに 対してどのように対抗軸を形成していくべきかについてお話していただきます。

分科会(2または 3 会場)15:1516:45

県下の各自治体および各分野の現状と課題について自治体労働組合、地方議員、各 団体からのレポートをもとに議論します。まだ調整中ですが、現在まで、医療・介護、 教育、保育などの分野の他、県、大津市、近江八幡市、彦根市、長浜市などから現状、 課題についての報告が準備されています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

地方創生研究会への参加のご案内

地方創生研究会の開催計画

今年度は立地適正化計画と小さな拠点を課題にして現在まで3回の研

会を行い、各市で公表されている計画概要の整理を行うとともに各市

のヒアリングを実施しています。

今後の予定は下記のとおりで、第4回研究会でヒアリングを含め調査内容を整理し、来年 1 月下旬の公開研究会でさらに議論を深め、さらに第18回滋賀地方自治研究集会でも報することとしています。研究会への参加は自由です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。

 ○4回研究会 1225 日(火)10:0012:00 場所 県職員組合 

 公開研究会 1 月下旬(26 日(土)または 27 ()の午後 

 18回滋賀地方自治研究集会 ( 3 月下旬)報告書の取りまとめ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

第 18 回滋賀地方自治研究集会の開催案内

 

18 回滋賀地方自治研究集会

日時 2018 2 16 日(土)13:3016:45

場所 未定(大津市または草津市内の予定)

基調講演 13:3015:00

 ・「安倍政権の進める自治体構造改革とそれへの対抗軸」

講師 岡田知弘(京都大学教授・自治体問題研究所理事長)

 自治体戦略 2040 年構想などにみられる安倍政権の自治体構造改革を批判し、それに対してどのように対抗軸を形成していくべきかについてお話していただきます。

分科会 15:1516:45

 県下の各自治体および各分野の現状と課題について自治体労働組合、地方議員、各 団体か      らのレポートをもとに議論します。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)